Entries

天然縞鯵

天然縞鯵↑
七月も今日でおしまい。
早朝のヒグラシの鳴き声から一日が始まりアブラゼミにクマゼミが一斉に鳴く。
正に盛夏。
アチイアチイと言いながら厨房で仕込みする店主は人には見せられない姿である。
たまに、おしぼり業者さんがやってくると、店主よりも業者さんがびっくりして・・・。
しかし、それも最近はすっかり慣れた様子だ。
人は慣れるもの。
琵琶湖の鮎もずっと琵琶湖にいるとその大きさに慣れるのか。
川を遡上する一般的な鮎と違って大きくならない。
それがまた良いのである。
天ぷらにぴったりサイズ。
仄かな苦味が魅惑的で、酒の肴には最高だ。
今日再び入荷しました。
是非。

休日の昨日。
店主の母の誕生日のお祝いに、前から行きたいと言っていた泉岳寺に三人で行った。
誕生日祝いが泉岳寺とはあんまりな。と、いうことで、泉岳寺の後、増上寺を廻り、神田の藪そばでそばを楽しむ。その三点セットでお祝いとする事になった。
店主母は東京生まれの東京育ちなので、ワタシよりもよほど詳しいが、ナゼか泉岳寺だけは行った事がないという。
私達二人もない。
泉岳寺と言えば忠臣蔵。
時は1701年3月。
赤穂藩主浅野内匠頭は吉良上野介を江戸城松之廊下で切りつけ、即日死をたまわる。
赤穂藩はお家断絶。
赤穂藩家老大石内蔵助は、藩主の仇討ちの為、赤穂浪士47人で吉良邸討ち入りを果たす。
討ち入り後、泉岳寺で藩主の墓前に首級を供え、出頭し、切腹となる。
その浅野内匠頭と大石内蔵助、赤穂浪士の墓が泉岳寺にあるのだ。
真夏のお墓参りツアーとなった。
場所は品川駅と田町駅の間。都営浅草線の泉岳寺駅から徒歩2分。

都心とは思えないアブラゼミの大合唱。

ひっそりと佇む禅寺である。
京都の寺はやたらと金がかかるが、東京の寺は太っ腹というか呑気というのか、現金に固執してなくて逆に申し訳ない気がする。
母も御朱印もらったら「幾らなんて決まりはない。気持ちで」と言われたので驚いていた。
(勿論、気持ちとは言え幾らか置いたそうだが)
大石内蔵助の銅像↑
人も京都の寺と比べてまばらだ。
セミの鳴き声以外はなんにも聞こえない。
線香の香りがただよい、異空間な感じ。

墓に行くまでにこういった場所があり、説明の札が立っている。
その先に墓所がある。
さすがに墓所なので、写真をとるのははばかれた。
線香の香りとセミの鳴き声とズラリと並んだ墓に全て線香が供えられている。
16才から77才まで確認できたが、違ってたらご免なさい。
凄まじい過去は今では静謐で神聖な空間となっていた。

泉岳寺。未体験の方、一度はいかがでしょうか?
その後、芝の増上寺へ。

東京タワーを背にとにかくデカい徳川家の寺。
浄土宗らしい。
なんか意外。
こちらの墓は有料でした。
しかも、めちゃくちゃでかいです。
おまけに、有料でも、ガイドさんがちゃんと説明してくれて、おみやげにハガキセットもくれるので、やっぱり東京の寺は太っ腹だなあと、感心しました。

東京見物してさあてまた頑張るぞ!
今日も色々ございます。
お待ちしています。

青海波は酒と肴を楽しむ店

穴子


三陸産。
最高の穴子入りました。
サイズも大きく丸々として肉厚。
これは落としにします。
穴子の落とし。
ハモを超えた旨さ。
プリプリで口一杯に広がる上質な旨み。
うんめーとうなり酒をコピリ。
穴子好きなO氏に食べさせたいっ!
O氏の他、A氏にB氏にC氏にも。
これはやっぱり日本酒です。
とくとく食べてたも。

青海波は酒と肴を楽しむ店

カマス

40センチサイズのカマス。
ビンビンの追っかけ。
最高❗です。

飯島さんの夏野菜もそろそろ終わりに近づいてきたようで、もう冬の準備だそう。
早め早めのしたくなんですね。
私達飲食業は、正に今(旬)ってものからやや季節先取りのものが中心です。
それができるのも、これから8月という季節に半年後の段取りを着々と進めている飯島さんのようなプロの方々がいるからなのですね。
感謝です。
そんな飯島さんが、ブタ君のゴハンに。と、センニチコウという花をくれました。
花というより、なんだかキャンディみたい。
前ももらってすっかりドライフラワーになっていたのを、店に来た時、飯島さんは気がついていたようです。
真っ赤なゴハンになりました。
ちなみに、ブタ君は青海波のトイレの守り神でございます。
ブヒ

今日も良いのが入りました。
お待ちしています。

青海波は酒と肴を楽しむ店


松輪の鯵。
魚体は大きく張りがあって光ってる。
どこのかな?と、思ったら、松輪。
さすが、松輪は鯖も良ければ鯵も良し。ですね。
久し振りに魚写真とれた気がいたします。
是非どうぞ。

本日から登場は。
焼き鯖の南蛮漬け。
大きな切身を焼いて、南蛮漬けにしました。
連日の猛暑。
サバの南蛮漬けでさっぱりと栄養補給しませんか?
お次は。
出た❗シコイワシ。
これを店主が仕入れてくるとギクッとしますよ。
なにしろ地味な作業なんですからね。
魚は小さいし、キロ単位の作業だし。
でも今回は一キロ。ああ良かった。
シコイワシのパテ。登場です。
いろんな夏野菜と合わせてつくりました。
野菜の旨味と鰯の相乗効果で良いつまみできました。
冬瓜。何故夏に採れるのに冬瓜なのか?
昔聞いた話では、冬までもつ瓜だから。とか。
真偽のほどはわかりません。
さて、この冬瓜を美味しい牛バラと煮込みました。
冬瓜と牛バラの塩煮込み。
旨し❗
是非どうぞ。

青海波は酒と肴を楽しむ店

仕込み中

仕込みしてまーす!

青海波ぐびぐびサボってるな。
と、思ってらっしゃる方もいるに違いない!
アセアセ
なにしろ、連休明けの火曜日。市場行って飯島さんの野菜も仕入れてさあ写真撮ってぐびぐびにのせようとしたら・・・。
電源がない。
あ、充電しなきゃ。と充電器(充電機?)探すも見つからない。
店にも、家にもない。
そういやあ、と、思い返す日曜日。
店主は朝から出かけていなかったので、ワタシ一人、倉庫のように物に侵食されていた二間しかないわが家の大掃除をしたのだった。その時だ。
その時についうっかり棄てたに違いない。
ついうっかり棄てた事件はこれまでも度々ある。
ガーン❗やっちまったー!

それを二日間店主には言えず、ブログしないの?と聞かれたら、ううううん。充電してないから。と、逃げていたのだった。
そしたら、昨夜、帰宅後、意外な場所で見つかり(本の隙間)良かった良かったと一人コッソリ喜んで、早速、充電したのだった。
だから、魚も野菜も写真ありません。
これでご勘弁を。↓


日曜日。
充電器がなくなったとも知らず、大掃除を終えて、友人の差し入れの枝豆をつまみに玄関先でビールを飲む女将。
掃除が完了した達成感でビールがしみる。
まさに至福の瞬間であった。
ぐびぐびぐびぐび
ちなみに蚊がすごいので、暑くても長袖なのだ。

ぐびぐびぐびぐび
今日も酒が旨い!

お待ちしています。

青海波は酒と肴を楽しむ店

Appendix

プロフィール

makotarto

Author:makotarto
小田急線玉川学園前駅南口
徒歩1分

定休日  日曜日
営業時間 18:00~23:00
(LO 22:00)
町田市玉川学園7-5-1
042-728-8758

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード