Entries

お魚図鑑の筆者の心を垣間見たのだ

ヒラスズキ
ヒラスズキ
お魚図鑑によると。
「日本には荒武者のようなスズキがいる。荒磯に行くと、もっと荒々しい古武士のようなヒラスズキがいる。共に古来から日本人に慣れ親しんできた日本の魚といって良い。」とある。
このヒラスズキを「もっと荒々しい古武士のような」と形容したのはその姿形からだけではないようで、更に調べるとなるほどと思う解説がある。
「ヒラスズキは外洋性の磯に多く、海が荒れれば荒れるほどその磯際に現れる。これを狙うルアーマンは冬でもウエットスーツに救命胴衣をつけ、時には荒磯を泳ぎながら追いかける。危険な釣りである。」とある。
ヒーーー!
そして海が凪ぐとヒラスズキはすっといなくなるという。
ここのところ戦国時代ものばかり読んでいて、そういう時代というのは皆様もご存知の通り、ひたすら戦して殺戮して首実験したり、腹切りしたり、討ち死に覚悟で大将に志願したりと今の日本じゃ考えられない荒れた世界だ。
「荒武者より荒々しい古武士のようなヒラスズキ」と聞くとなんだか潔い美学持ってる魚かのように思えて、おいおい勘違いするなよとわかっちゃいるもののお魚図鑑の筆者の表現に惹き付けられてる自分がいる。
うんちくはさておき、単純にヒラスズキは美味い。
そういう魚だ。
飯島キャベツ
飯島さんのサボイキャベツ。
ちりめんキャベツとも言うようですが、やはりフランスからきたキャベツのようです。
これでシンプルにロールキャベツを作ってみました。
一個からご注文頂けますので、お一人様でも気軽にご注文できますよ。
今日は寒い!
こんな日にどうぞ。

青海波は酒と肴を楽しむ店
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://seikaiha0727.blog45.fc2.com/tb.php/774-a291e8e0

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

makotarto

Author:makotarto
小田急線玉川学園前駅南口
徒歩1分

定休日  日曜日
営業時間 18:00~23:00
(LO 22:00)
町田市玉川学園7-5-1
042-728-8758

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード