Entries

行く春や鳥啼き魚の目は泪

ひらすずき0425
間もなく4月も終わり。春というのは別れと出会い。人生の節目の季節。

店主が、まだ若く、人生が分からず、この先どうして良いか途方に暮れて放浪生活していた頃、突然思い立って北海道の牧場に行った。
「ここで働きたい」と、オーナーに申し入れると、いきなり「ついて来い」と言われ、馬の飼料とともにばんえい競馬場に連れて行かれた。
ご存知の方も多いでしょうが、これは、北海道などで行われる競馬で、馬の後ろにそりを引かせて競走させるもののようです。

「ばんえい競馬のプロにならないか?」
そう誘われた店主は、折角の誘いに真剣に悩んだようだが、これはなんか自分の道とは違うと感じて丁重に断ったらしい。
あの時もし、受けていたら今頃店主はばんえい競馬場のオヤジとなって馬のお世話にいそしんでいたかもしれない。
人生の転機は、人にいつ訪れるか予想もつかないものである。
いや、人だけではない。
このヒラスズキ君もそうだ。宮崎の太平洋の周辺で心地よーく泳いでいたのにうっかり捕まってしまってこうしてピカピカのシルバーボディを公衆に晒すことになってしまった。
刺身でおすすめだ。たかべ;0425
このタカベさんもそうだ。
神津島の美しい海の岸で、ゆうゆうとエサを捕食していたというのに捕まってしまった。
イエローラインが眩しいよく肥えたタカベさん。
塩焼きでご提供。

さあ今夜青海波で、アナタにどんな転機が訪れるだろうか。
隣に座った人がなんと初恋のあの子だった!なんてことがあったりして。
呑んだ酒に衝撃を受けて、酒造りしたくなって杜氏目指しちゃったとか。


出会いと別れ。
まさに一期一会。
今夜の酒と肴が心地良いものでありますよう。

行く春や鳥啼き魚の目は泪

青海波は酒と肴を楽しむ店

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://seikaiha0727.blog45.fc2.com/tb.php/694-6aa32b83

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

makotarto

Author:makotarto
小田急線玉川学園前駅南口
徒歩1分

定休日  日曜日
営業時間 18:00~23:00
(LO 22:00)
町田市玉川学園7-5-1
042-728-8758

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード