Entries

ヒトリゴト

念願の四合瓶売りを始めて一体どんなもんなのかと内心不安であった。

しかし、まだ2日目だが、日本酒好きのお客様から良い反応があった。

早速、冷蔵庫を開けてご自分でチョイスされ、飲まれた方もいらっしゃった。

「楽しみが増えた」と言って下さった方もいて、迷いが吹っ切れた。

嬉しかった。嬉しかったですねえ。

こういう飲み方も楽しんで頂けたらまた日本酒飲みの楽しみが広がると言うもの。

それを、ご理解頂けた。手応えを感じた。


飲兵衛の飲兵衛による飲兵衛のための青海波を目指し日々努力しているが、王道の日本酒居酒屋と違う点は、酒の数が少なく、料理が凝ってることだと思っていた。
酒を呑んで欲しいのなら、料理は、シンプル、直球にし、かように変化しないようにすれば仕入れ仕込み提供が楽になり、その分酒に重きを置ける。
だが、店主は断固として料理にこだわり、季節を考えて工夫する。
そうすると、困ったことに、酒呑み以外のお客様が来店される。場合によっては、そういう人は刺身などには見向きもせず、時間の掛かる料理のみ物凄い数注文したりする。
酒を呑まない人は呑み屋の粋を知らない。
たくさん頼めば喜ばれるなどと勘違いをしているのか、他のお客さんとの料理の提供のバランスを考えず、自分中心に頼んだりする。
逆に、呑み屋の粋を知ってる飲兵衛様は、こちらが恐縮するほどヨク分かってらっしゃる。
店主が一人で刺身ひいて、揚げ物して、蒸しものして、焼き物して、切ったりむいたりしていることもちゃんと分かってくれている。
だからと言って店に入れば皆様同じである。
しかし、店側にもこういう店になりたい。こういう店にしたい思いがある。

サクッと刺身つまんで酒呑みたい飲兵衛様が、入れなくなったり、あるいは入れてもずっと待たされたりすることになるのは悲しい。
そんな事が多々あると、飲兵衛様の足は青海波から遠のく。
そうした飲兵衛様はドコへ行ってしまうのか。
料理がワンパターンでも、直球のみでもいい。
酒が楽しめればいい。
そんなところへ行ってしまうに違いない。

苦悩である。
自分で自分の首を絞めるとはまさにこの事。

しかし、店主はこの料理のスタイルを変える気はない。
とすれば、酒の数を増やし、酒処である旨を前面に押し出すしかない。


青海波の料理は、ご飯のオカズではなく、酒のつまみである。
季節の一品、旬の刺身を酒に合わせゆっくりと楽しんで欲しい。
こういう人が集まる店になりたい。
そのためにも、四合瓶を加えることによって酒の数を増やし、飲兵衛様から飽きられない努力をスタートさせた。
今後も飲兵衛様が満足してくださる店目指して頑張ります!
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://seikaiha0727.blog45.fc2.com/tb.php/414-e22c6839

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

makotarto

Author:makotarto
小田急線玉川学園前駅南口
徒歩1分

定休日  日曜日
営業時間 18:00~23:00
(LO 22:00)
町田市玉川学園7-5-1
042-728-8758

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード