Entries

2月4日の酒の会のお知らせ

今年もやってまいりました。

立春の日の朝搾りたての酒をその日に飲もう会。

今年の立春は二月四日土曜日です。
この日に搾れるよう杜氏さんが完璧に管理して仕上げています。
搾りたての酒はその日のうちに青海波に届けられます。
昨年も素晴らしい出来栄えで、そのフレッシュな躍動感と高い芳香。そして、切れのよさはやはり搾りたてだからでしょうか。
普通なら、蔵に行かねば飲むことは出来ないこの搾りたてを、立春という春の始まりの日に、ここ玉川学園の青海波で楽しく飲んで、今年の無病息災を願い、酔っ払いましょうっていう企画です。

春の始まりにふさわしい酒に合うつまみを味わいながら、搾りたての美酒に酔う。

しかも、4合瓶売りなので分かりやすく言えば、ワインボトル1本、カウンターにのっけて勝手に注ぎ飲む感じです。飲みきれなければ勿論持って帰れます。この気楽さがまた楽しいもの。

いきなり、話は脱線しますが、我々は飲みに行くときあまり日本酒を飲みません。なぜならお代わりを頼むこと幾たびか繰り返すとその数の多さに飲んだ量が分からなくなってしまい、酒代だけでびっくりする金額になることしばしばだったからです。そこで考えた技、まずはワインを1本とって、それがそろそろ無くなるかなという頃、日本酒を頼むのです。
そうすると、落ち着いて日本酒を味わえ、適度に酔い、暴走加速することがない。というわけ。しかも、酒量の多い我らにとって、日本酒は二日で一升軽く空いてしまうので、1合ずつの注文は面倒くさいわけです。

しかし、川魚専門のとある店で、ビールで乾杯した後、せっかくだから日本酒にしようと注文すると4合瓶がドンと出されたのです。「え!こんなに?」初めは戸惑いましたが、考えてみれば、ワイン1本と同じでないか。
これを残量を気にすることなくクイクイするする飲んでるうちに、この大雑把な4合瓶売りの楽しさが心から感じられ忘れられなくなってしまいました。もちろんその後再びその店に行きまたもや4合瓶1本の日本酒を楽しく飲みました。え、どこなのか?って木曽の御岳山のふもとの町、木曽福島にある川魚の店でございます。

そういう次第で、青海波でも4合瓶売りしたいものだと常々考えておりました。しかし、酒屋に相談するも「お客さんはいろんな種類飲みたいから4合瓶は受けないんじゃないか。しかも冷蔵庫がないでしょう」という意見で、そうかそうなのか、4合瓶ドンとあるのは受けないのか。目の前の酒がたっぷりある幸せより、色々飲めるほうがよいのかと一人モンモンとしておりました。
そんな折、昨年の二月、立春の酒の会。
これは4合瓶売りです。それしかありません。さてどうか。
拝見するに、皆様大変盛り上がり非常に楽しげに見受けられました。
年に一回のこの日だけの酒。これがドンとある喜び。
やはり!やはり!酒の味や香りや立春の意味や搾りたてなど薀蓄いう前にまずはこの飲み方がのん兵衛心をくすぐるに違いない!
わかるわあ~。

という訳で、要は楽しく飲んでってねっってことです。
日時 2月4日土曜日 18時~適当に
酒代 3000円(4合瓶1本)飲みきれなければ持ち帰れます
定員 14名(7組)
完全予約です。
なお、酒を愛する皆様に楽しんでいただきたい会です。飲まない方ご同伴の予約は受けません。



スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://seikaiha0727.blog45.fc2.com/tb.php/286-236fcdc3

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

makotarto

Author:makotarto
小田急線玉川学園前駅南口
徒歩1分

定休日  日曜日
営業時間 18:00~23:00
(LO 22:00)
町田市玉川学園7-5-1
042-728-8758

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード