Entries

風干し鮎の共肝焼き

風干し鮎の共肝焼き

もうそんな季節となりました。
例年、鮎の季節になると塩焼き以外でこういう一品をお出ししています。
それを楽しみにしていらっしゃる方のいて、店主も仕込み甲斐があるというものです。

市場で仕入れた鮎を背開きにし、肝を取り出し、流水で綺麗に洗って適当な塩水に浸し、風干しします。
これに、肝を塗りながら直火で炙ってパリパリに仕上げます。
風干し鮎の共肝焼きです。

ほろ苦い肝の旨味が鮎の淡く繊細な身と相まって酒を呼びます。

これを食べると「ああ。初夏なんだな」と実感します。

鮎は一年でその命を終える魚だそうです。

春の稚鮎から、夏の成魚となり秋は産卵のため、川を下る落ち鮎となり一生を終えます。

貴方の舌で初夏を感じにいらっしゃいませんか。

お待ちしています。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://seikaiha0727.blog45.fc2.com/tb.php/218-58de7539

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

makotarto

Author:makotarto
小田急線玉川学園前駅南口
徒歩1分

定休日  日曜日
営業時間 18:00~23:00
(LO 22:00)
町田市玉川学園7-5-1
042-728-8758

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード