Entries

ハモやん

鱧の季節になった。
市場のあちこちで売られている。

先日、雑誌に載っている人気店に行った折、鱧の天ぷらを注文した。
こだわりのメニューの一つであったが、残念ながら骨が切れておらず、ほとんど飲み込めなかった。
それほど、鱧の骨きりは難しいということだろう。
だからか、市場では、すでに骨が切られ、湯引きすらされた鱧の身が、梅肉とセットになって売られているものまである。
「すごいなあ~。そんなんうまいのかなあ~。絶対買わないけど、買う人いるからあるんだろうなあ~。」内心思う。

青海波は活けの鱧を仕入れている。
生きている鱧だ。

先日、北部市場での事。
魚を捌いたり活けものを活け絞めしたりするおじさんに店主は鱧を〆てくれと頼んだ。
手馴れたおじさんは軍手で鱧をむずと掴み、まずはとがった口の先端を包丁で落とし、首を尾っぽを切り、活け絞めにした。
ビニール袋に入れ、口を縛り、青海波のカゴに入れた後、事件は起こった。

「青海波さん!ハモ逃げたよ!」
鱧脱走事件勃発!

首を半分落とされ、口の先端もないはずの鱧は、それでもビニール袋を食い破り、魚屋を逃げ回った。
魚屋の社長も会計のお姉さんも店主も逃げる鱧を追う。
うねうねと逃げる筋力の塊のような鱧はついに捕獲され、氷に詰められ、仮死状態で青海波に到着した。

そして、今日。再び活けの鱧を買った。
先日同様、活け絞めしてもらい、ビニール袋に入れ、しっかりと口を縛る。
なのに、それだのに・・・ああ!奴は再び牙をむいた。
まさに文字通り牙を。
ビニール袋ごしに、一見おとなしくしていた鱧は、突然店主の指にガブリと噛みついたのだ。
「いてえ!」
前にヒラメにも噛まれた事があったが、鱧の鋭い歯はヒラメの比ではない。

が、さすがに力尽きていたのか、大事には到らず、青海波にやってきた。

そんな鱧をザザザと骨きりして天ぷらにした。

さあさあ皆の衆。こんなパワーな鱧やん。食べてみたくなったでしょう?


スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://seikaiha0727.blog45.fc2.com/tb.php/217-1b7a84c8

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

makotarto

Author:makotarto
小田急線玉川学園前駅南口
徒歩1分

定休日  日曜日
営業時間 18:00~23:00
(LO 22:00)
町田市玉川学園7-5-1
042-728-8758

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード