Entries

市場には、鮭専門店がある。

山小屋風の温かい造りで、店の周りには横腹に「鮭」と書かれた木箱が無造作に積んである。

いつものようにオレは店のオヤジに頼む。
「おにぎり用の鮭を」
歳の割には可愛らしいつぶらな瞳のオヤジは、オレに一瞥すると、椅子からやおら立ち上がり、奥の冷凍庫に入る。
大人が軽く10人は入れるほどの業務用だ。
その中でガサゴソと音がする。
もちろん、ブツを探しているのだ。
すぐに出てくるときもあれば、何分も姿を現さないときもある。

ちなみに今回は後者のケースだ。
手持ち無沙汰なので、向かいの八百屋をのぞく。
しばらくすると、この寒い季節にさらに寒かったであろう冷凍庫の中から、顔色一つ変えずに出てきた。

そして、手にした鮭の切り身たちをまな板に並べると、素早い手つきで手首のスナップを効かせババッと塩をふる。

「!?え?今?塩か?ちげーだろ?普通」心で思う。

まあよい。
塩ふりの見事な手捌きを披露された後、オヤジは言う。
「一晩おいてね。鮭は塩が効いてないと美味くないからなあ」


こうして、青海波の美味しい鮭おにぎりができるのである。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://seikaiha0727.blog45.fc2.com/tb.php/183-6d41a1e6

トラックバック

コメント

[C97] 鮭のおにぎり

昨夜、なちょすさんといっしょにうかがいました。
東北のお酒、そしてお刺身もさることながら
最後にいただいた鮭のおにぎりが絶品でした。

ほんとうにおいしいものって
次の日も、その記憶を取りだして
楽しむことができるんですよね。
ちょっとエロイですが(笑)
食べることって、実に官能的です。

少し遠いけれど、またうかがう日のあることを
楽しみにしています。
ありがとうございました。
  • 2011-04-09 16:20
  • chie
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

makotarto

Author:makotarto
小田急線玉川学園前駅南口
徒歩1分

定休日  日曜日
営業時間 18:00~23:00
(LO 22:00)
町田市玉川学園7-5-1
042-728-8758

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード