Entries

冬の楽しみ

仕事が終わって家に帰ると、もう深夜。
毎日、賄いメシを午後3時頃食べたきりの空腹な私たち。
以前は帰りに車を走らせ、営業中のラーメンやちゃんぽんを食べに行ったりもしておりましたが、しだいに寒くなり、ストーブ、ほかほかカーペット、そして真打、長火鉢が登場すると、もう家飲み以外考えられなくなってきました。

この長火鉢。
あるのとないのじゃ雲泥の差。

なにしろ、外飲みよりも楽しい素敵なやつだから。

皆様のお住まいはおそらく、機密性の高い、暖かで快適なモダンハウス。
しかし、我が家は以前もお話したように、古くて小さくて隙間風が入り、吹けば飛ぶような、固定テントのようなもの。
そんな家で快適に過ごすのに、エアコンなんて意味ないですから。
ここで、本領発揮できるのが、昔ながらの長火鉢です。

炭もてわたるもいとつきづきし

まずは、帰宅すると、女将は炭を細かく割ります。
そして、着火に専念。その間、店主は風呂の用意。

風呂が沸き、炭に火がつく頃、着々と今日の食材を準備します。例えば、油揚げを切るとか、厚揚げを切るとか、(豆腐ばっか)ししゃもを並べるとか、まあ地味なものですな。

そして、熱燗セット。ちろりとマイぐいのみ。

風呂から上がり、湯気のたつ6畳間で、鍋に沸かした湯に酒をつけ、長火鉢で揚げなど炙ってまずグビリ。

ここから連夜の原っぱ居酒屋オープンとなるのです。
この、地味~な家飲みが楽しゅうて楽しゅうて堪らず、日曜日の休日ですら、外食するなら家が良いとなってしまいました。

人は何故か火を見るのが好き。
炭の温かさと灯りが、日々の癒しとなっております。

こんな素敵な長火鉢、唯一つ問題が・・。

帰ってくると、最近家の中がケムリ臭い。なんというか、そう、炭火焼きの居酒屋というか、焼き鳥屋というか焼肉屋のような燻されたにおいが染み付いて、洗濯モノまで燻されてる。
やっぱすごいですね。炭の存在感。

ああ。青海波も炭使えたらなあ~~~~タメイキ
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://seikaiha0727.blog45.fc2.com/tb.php/135-90499ac4

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

makotarto

Author:makotarto
小田急線玉川学園前駅南口
徒歩1分

定休日  日曜日
営業時間 18:00~23:00
(LO 22:00)
町田市玉川学園7-5-1
042-728-8758

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード