Entries

店のはなし

どういうわけか、最近、初めてのお客様から立て続けに「店は手作りですか?」「この徳利欲しい」「この音楽は?」と質問され、声をかけられることが何度もありました。

思うに玉川学園のお客様は敏感方が多いようです。

青海波は居酒屋です。
ただ、居酒屋というと、大手のチェーン店も居酒屋です。この幅の広い位置付けには確かに抵抗がありますが、やはり、酒が好きで酒を愛する私らが持つ店は居酒屋というジャンルに当てはまると思っています。

でも、酒を飲むのに、100円均一で売ってそうな皿にバーンと食べ物が乗っかってて、演歌、歌謡曲などが哀愁いっぱいに流れ、あるいは普通にテレビがついてて、煙もくもくで・・・。というのもけして嫌いではなく、むしろ結構好きなのですが、どうしても、自分が店をだすにあたって、魅力的で美しくありたい(店がですよ)という思いがございました。
そして、なにより、女性が一人で安心して好きな酒をコクリコクリと飲み干せる、それが絵になる。そんな店にしたい思いがございました。

だからこそ、内装には苦労しました。

店をやる前、建築内装知識の乏しい店主は内装工事会社で働きました。
工事は店主が、バールで和便だったトイレを解体するところから始まりました。
とてつもないエネルギーで、様々な方からの協力も得、自力で作りました。
これを語るとおそらく終わらないので止めますが、完成間近では「居酒屋止めて、内装工事屋やるか」という話が冗談ともつかぬ雰囲気で出るくらいでした。

器はこれまた素晴らしい作家に恵まれ、本当に不思議なくらいです。
器の評価が非常に高く、皆様が喜んでいただけていることが嬉しくてなりません。
私は基本は民芸陶芸が好きなものですからどうしても土ものに惹かれます。

新木場で風雨にさらされ泥まみれだったタモの一枚板を、店主と店主の弟が二人で玉川学園まではこび、弟がカンナをかけ、鑢で磨き、蜜ろうを塗り仕上げたカウンター。
このカウンターにコロンとお温かみのある器たちが乗ってる様が「美しい」と思っているマニアな私でございます。

和食は土もの磁器もの漆にガラス、高さのあるもの、低いもの様々です。
イタリアンやフレンチではぜーんぶジノリやコペンハーゲンで統一して当然でしょうが和食は違います。
この多様性が魅力なのですが、いかんせん資金は貯まらず、磁器やガラス、ましてや漆などまだまだです。
しかし、調理師学校で知った、ル・マンジュトゥの谷シェフの店のように、すこしずつでも店を良くして更に皆様に喜んでいただけるものを作りたい。そう思っております。

師走になりました。
いつもと違って賑やかな青海波の時もあろうかと思いますが、私たちはいつも通り、皆様が心地よい時間を楽しんでいただけるよう心を配っておりますので、安心して飲んだくれてくださいませ。

お待ちしております。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://seikaiha0727.blog45.fc2.com/tb.php/132-02e1f370

トラックバック

コメント

[C83]

ブログ、
書く時は書くけど
書かんときはま~~~ったく書かんね。。。
(笑)
  • 2010-12-05 22:36
  • くるりこ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

makotarto

Author:makotarto
小田急線玉川学園前駅南口
徒歩1分

定休日  日曜日
営業時間 18:00~23:00
(LO 22:00)
町田市玉川学園7-5-1
042-728-8758

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード