Entries

土瓶蒸し

土瓶蒸しの季節なのですね。
昨年も土瓶蒸しの事を書いた記憶がございます。
一年経つのはなんと早いことか!

今年も始めました。土瓶蒸し。

暑くて堪らんかったあの過ぎ去りし夏から、いよいよやって来た実りの秋。
まさにそんな季節の移り変わりを、小さな愛らしい土瓶の小宇宙に閉じ込め表現した「落ち鱧と松茸の土瓶蒸し」

ちっちゃなお猪口に香り豊かで滋味溢れるスープを注ぎ、その馥郁とした豊香を嗅ぎ、味わい、嚥下すれば、それはもう官能の世界。
本来なら、次に酒を含み・・・。と書くところが、こればかりは、注ぎ、嗅ぎ、タメイキ、飲み、タメイキ、注ぎ、嗅ぎ、タメイキ、飲み、タメイキ・・・。を数回繰り返した後でなければ、酒には手が伸びませんな。

もちろん、ちっちゃな蓋をつまみ、土瓶の中を覗き込めば、「そりゃそーだろうーこんなん入ってたら美味いスープだろう」と納得の、鱧やんやら、松茸っつあんらが海老っ子と一緒にぬくぬくしてるんですから。

鱧やんなんて、仕入れの時からもう大変。
「絶対!ワシ逃げたるもんな!」てな意思がびしびし伝わるほど、市場で暴れ、逃げまわってるのを、魚屋のオヤジが格闘して捕まえた強者です。

あまりにも暴れたので、成仏のため、食い尽くしてやろうとさばいた時に出た、カマを焼いてみたら、驚いた!
カマにも骨が!!!やっぱ鱧の骨すごいです。


「落ち鱧と松茸の土瓶蒸し」には、かようなドラマがございました。
そうして今、お客様の前に、澄ました顔で登場している次第でございます。

季節モノの一品は和食ならでは。

土瓶蒸しと酒で粋なひと時を楽しんでいただけたら、本望でございます。

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://seikaiha0727.blog45.fc2.com/tb.php/124-cbb52a20

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

makotarto

Author:makotarto
小田急線玉川学園前駅南口
徒歩1分

定休日  日曜日
営業時間 18:00~23:00
(LO 22:00)
町田市玉川学園7-5-1
042-728-8758

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード