Entries

銀杏と真蛸のさつま揚げ

さつま揚げは、酒に良く合う。

ぷりぷりっとした白身の甘いさつま揚げをフハフハしながら、日本酒をぐびりと飲む。
このとき、酒は冷たいのなら、やや辛めかあるいは酸味のある酒などよかろう。
丁度入荷したばかりの、松の寿などどうだろうか。

また、酒はもちろん冷たいのも良いが、燗も非常に良い。
熱々同士じゃん。
ええ。そうなのだが、燗にすることで、アルコールが少し和らぎ、酔いが緩やかだ。
ぷりぷりのさつま揚げを一気に食するよりむしろ、少しずつ燗酒に合わせてお召し上がり頂けたら、ほんわりと心地よく酔っていく幸せな時を感じていただけるだろう。


そんな酒のよき友、自家製さつま揚げが、今回は銀杏とタコを入れて登場。
銀杏は手間がかかる。
一個一個パチパチと割り、茹で、甘皮に剝き、炒り、甘皮をとる。
そうして綺麗にむいた銀杏と、真蛸を大和芋や白身魚と合わせ、当たり鉢で練っていく。
まとまると、綺麗な油で揚げ、炙ってご提供。

なんちゃない一品だが、長い地味な工程が隠れているのだ。

この、ぷりぷりホクホクふわふわな自家製さつま揚げ、売り切れごめんの一品である。
是非。

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://seikaiha0727.blog45.fc2.com/tb.php/117-7862483f

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

makotarto

Author:makotarto
小田急線玉川学園前駅南口
徒歩1分

定休日  日曜日
営業時間 18:00~23:00
(LO 22:00)
町田市玉川学園7-5-1
042-728-8758

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード