Entries

黒むつ


お馴染みの黒むつです。
しっとりとした滑らかな白身。
酒がすすむ黒むつ刺身。

日曜日の続き。

休日の日曜日。
本来は松美酉の新酒の仕込みを見学させてもらって帰ってくるだけのはずだった。
それが、急遽、夕刻から表参道に行く事になったのだ。
原っぱ村の我が家は決して駅近な立地ではない。
おまけに最寄りのバスは一時間に一本だ。
よって新松田に行くために、玉川学園まで徒歩で行く。近道を行く。

↑夏の写真。今は閑散としている。
汗だくになり駅到着。
学園駅から新松田へ。
素晴らしい見学が終わり、夕方4時すぎに慌てて表参道へ向かった。

朝トースト一枚きりでジョギングまでした店主は、新松田の駅でずっと箱ソバ箱ソバ箱ソバ食いたいと言い続けていたが、食べる時間はない。
6時までには表参道のスパイラルに行かねばならぬ。
行かねばならぬのじゃ。

話は数日前にさかのぼる。

いつものように朝市場に行った店主がチラシをもらって帰ってきた。
「これ。」
「魚屋の兄さん。」
「ライブだって。日曜日6時だって。」
は?
いつも仕入れをする魚屋の兄さんは、本来はミュージシャンなのだそうだ。
しかし、毎日市場で働いているらしい。
意外~。

日曜日は松美酉でしょう?無理でしょう?
「6時だから行けるじゃん!いきたい❗」行きたいと言い張る店主に困り果て、渋々チラシを見てみると、なんと場所が表参道。
しかも、スパイラルビルの地下のCAYではないかっ!
オサレ~~~~
す・て・き
入場料はオレのお小遣いから出すからと言わせ、渋っていた私も便乗することにした。

空腹で失神しそうになりながらも表参道へ急いだのは
そんな訳であったのだ。

スパイラルビルの地下CAYのライブは自由席だ。
ギリギリで入ったCAYは満席の雰囲気。
薄暗くて間接照明がきらめいている。
観客がテーブルでビールやワインなど飲みながらライブが始まるのを待っている。
目の前のステージには間もなく始まるムードが満ち、ざわめきまでがオサレ~~

なんとか席空いてる席を見つけ早速飲み物食べ物じゃー!
と、すでに6時。
ライブスタート‼
皆がいっせいに歓声をあげファンらしき人が、歌舞伎の合いの手のように声をかける。
が、我らは腹へりだ。
飲み物のグラスワインなど一気飲みだ。
足りねえ。グラスワイン1人二個ずつ頼むか?
確かに足りねえ。
周りでこんな飲んでる人はいない感じ。
結果、初めからボトルとれば良かった位のんで、知らない曲でもすっかりノリノリ。

いやあ楽しかったあ!とMASSAN(=市場の兄さん)に握手を求め感動してライブ会場をでた。
8時半。
店主の腹へりは一向に収まる様子はない。
むしろ、今いくどんでカルビの大辛で米を大盛り食いてえ‼と騒ぐ。か、ここはオサレ~~な表参道だ。
騒ぐ店主を無理やり引っ張り、なななんと表参道ヒルズへ。
私らがね。ヒルズですよ。
ま、笑っちゃいますね。
図々しくも、いくどんのカルビの大辛とか言ってるのに、表参道ヒルズのフレンチいきましたよ。
お客さん一杯でね。
これまたオサレ~~で。

ワインが少ないと不満げな店主もちょっと静かになり、帰りの電車とバスが気になるので、グラスワイン六杯と生ビールでやめた。
やっぱボトルにすれば良かった・・。
オサレ~~な店だったが、随分フレンドリーで、色々話しかけてくれて、店長さんが名刺くれたり、自分の個人的な家庭の話までしてくれたりして、一瞬表参道ヒルズを忘れたほどだった。
丁寧なお見送りを受け帰路に着く頃、普段ビーサンの店主が、唯一持ってるお出かけ革靴のティンバーランドの底が剥げた。

ベロンと。

店主は靴底がなくなり、片足をペタペタさせながら、原っぱ村に帰ってきた。
我らの長い一日が終わった。
翌日、市場で徹夜の兄さんががんばって働いていた。
松美酉といい、MASSANといい、自分がこうしたい。こうなりたい。というものをはっきり持っている奴はやっぱカッコいい。

勉強になりました!


青海波は酒と肴を楽しむ店
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://seikaiha0727.blog45.fc2.com/tb.php/1039-f9f7a317

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

makotarto

Author:makotarto
小田急線玉川学園前駅南口
徒歩1分

定休日  日曜日
営業時間 18:00~23:00
(LO 22:00)
町田市玉川学園7-5-1
042-728-8758

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード