Entries

真カレイの一汐干し

カレイは真子鰈、石鰈、ホシ鰈など色々ありますが、今回は真鰈の自家製一夜干しです。真鰈は見た目は真子鰈にそっくりです。見分け方は尾っぽに黄色のラインがあるかないかだけらしいのですが、二つを比べてみたことはないので、市場の目利きさんを信じるのみ。この鰈、刺身は勿論、焼いても煮てもそりゃあ~美味しいものですが、今回はあえて、丸々一尾を軽く干してみました。塩はやや軽めにし、干し時間もあっさりと終わらせ、完...

もつ大根煮

10月半ばも過ぎたというのに、相変わらずTシャツとビーサンで行動する店主。確かに「寒いねえ」とコートの襟をかき合わせるほどの気温でもないようで・・・。そうはいっても、人は自然と温かいものを欲し始めたはず・・・。そんなこんなで、やはりのん兵衛居酒屋の定番といえばモツ煮でしょう。世の中色んなモツ煮がございますが、青海波の今回のモツ煮は「モツ大根煮」という名の通り立派な大根がドンと存在し、端麗かつ深遠な...

キャンプと祭り

すっかり秋めいて参りました今日この頃。皆様酒飲んでますか?さて、連休いただいて行って来ましたキャンプ。今回はどんなホラーキャンプだったんだろうと期待されている貴方へ軽く報告。さすがに秋の連休とあって、道志川沿いのキャンプ場はにぎやかでありました。初めに目星をつけていったキャンプ場はもう一杯。次に、車を走らせ行ったところは、「1スペースだけ空いてるから見てみてください」と言って頂き、早速下見。一見す...

松茸と栗の豆腐

なんとか栗を一品料理にしてみたいと考えた店主。渋皮煮は例年故に、それ以外の何か新しいものをだ。そして創った「松茸と栗の豆腐」茹でた栗を裏ごしして、玉子とだしでのばし、上に松茸を散らして固め、仕上げにあんをかけたものだ。この名前をどうするか、初め女将は提案した「栗のテリーヌはどうか?」しかし店主は「テリーヌって言う表現が舌ビラメのムニエルと同じくらいキライ」だそうだ。(意味わからん)恐らく、ありきたり...

今日の魚

さあさあ今日もぴちぴち魚達そろいましたよ。千葉産こしょう鯛。気仙沼のかつお。横須賀の鯵。沼津のアカムツ。松輪の天然カンパチ。青森天然平目。そして逗子のとれたて生シラス。ああどれもこれも珠玉のきらめき。目に舌に喜び満たすピチピチ達。まずは、これ!刺身食べてくださいよ!なによりも!...

酒酒酒

十月の酒で登場しました、静岡の白隠正宗のひやおろし。絶好調でございます。山廃とはいえ穏やかな酸味が非常に料理に合うようで、おかわり率が高く、仕入れた先からあれよあれよという間になくなり、全く嬉しい悲鳴とはまさにこのこと。不思議なラベルも今では「オシャレ」と思えるほど(いや、確かにオシャレですぞ)沼津の酒ならではの海藻を描いた今月の酒、白隠正宗。未だ飲まれてない方、是非に!...

神無月の頃

神無月の頃、魚に酒にとますます食べ物飲み物が美味い季節となってまいりました。皆様ぐびぐびやってますか?鰹なども脂がのって、ねっとりとした舌触りで、極旨です。それらに今月の酒、白隠正宗のひやおろしは、山廃の酸味できりっとして、鰹を引き立て同時に脂をさらりと洗い流し、また鰹が改めて美味しい。くうぅ~たまりません。想像しただけで、生唾出ます。以下、久々に妄想。愛する人と二人、青海波へ。いつものごとくまず...

休みのお知らせ

10月10日の月曜、休業します。「どっかいくの?」ときかれれば「キャンプ行く」と答える。「またか?」と言われれば「はい性懲りも無く」と言う。「虫がいるぞ」と脅されれば「もう、いないだろうから」と胸を張る。「何食べるんだ?」と追求されれば「手作りソーセージに羊のカスレだ」と偉そうに微笑む。「何飲むんだ?」と更に追求されれば「今度はもめないようふんだんに酒もってく」と嬉しげに鼻歌を歌う。「ほう。でも、...

Appendix

プロフィール

makotarto

Author:makotarto
小田急線玉川学園前駅南口
徒歩1分

定休日  日曜日
営業時間 18:00~23:00
(LO 22:00)
町田市玉川学園7-5-1
042-728-8758

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード