Entries

子持ち鮎

夏が去り、また子持ち鮎の季節になってきました。春の稚鮎、夏の成魚、そして秋の子持ち鮎。一年のなんと早いことか!鮎はその季節それぞれに移り変わり、その事で四季を感じられる、いかにも日本的な魚ですね。そんな思いがあるからでしょうか。私、鮎贔屓で、つい、一押ししたくなる。だってね、やっぱり、今だけですからね。子持ち鮎。季節を感じていただけるよう、私共日夜無い知恵を絞って努力しておりますが、こういう直球系...

栗あじ南瓜豆腐

とっても美味しい南瓜を、変身させ、つまみにしてみたい。テレビ番組で、日ごろは素朴な亭主を、かっこよくして欲しいなんてのやってますが、通常は煮ころがしやせいぜいコロッケあたりで収まる南瓜を、豆腐に変身させてみました。「前も、それに似たの、お通しで食べたよ。あれは確か、バターナッツっていう南瓜の豆腐だったよね」そう思っていらっしゃる貴方へ。確かに、それはやりました。ただ、やはり、南瓜の質感がバターナッ...

酒入荷

ひやおろし入ってます。前述した柔らかな山法師。爽やかな浅間山。さらに、パンチの効いた辛口のいづみ橋ひやおろしも本日入荷しました。ちなみに、バランスよい、ウマからの今月の酒、翠露もひやおろしです。個性派が着々と揃ってきてます。お楽しみください。...

本日の魚

今日の刺身。いづれも鮮度抜群のびんびん達を揃えました!佐渡の本マグロ松輪の鯖小田原の鯵本牧の太刀魚長崎のダルマイカ北海道の赤ほやどれも、血沸き舌踊る美味しさですが、あえて、あえて、こっそりと個人的オススメを。松輪の鯖。鯖は冬が旬と言われるだけに、夏はスリムです。腹を割っても余分な脂肪はほとんどありません。なので、夏場の真鯖はゴマ鯖と同じ様な、なんというか、あっさりした感じなものです。ところが、久々...

19日営業します

通常、日、月が連休の時は、市場も休みなので、それに合わせて休業しますが、今回、19日月曜日に敬老の日は営業いたします。ただ、刺身はございません。すみません。刺身なくても飲みたいよなんて方、やってますので、是非お越しくださいませ。季節柄、ひやおろしが続々入荷して参りました。...

原っぱ村の秋祭り

昨夜、原っぱ村の村長が青海波にやってきた。まさか、そんなはずはなかろうと、入り口で村長を見た女将はわが目を疑い、もしかしたら、ただのそっくりさんなのかもしれないと気を取り直したものの、やはり、半信半疑で、厨房の店主に「あわわあわわ○×☆?!!!」とやったため、店主は泥酔者か強盗が来たとでも思って険しい顔でホールに飛び出した。戻ってきた店主に「村長ではないか!」と一喝され、やはり村長ご自身であったかと...

里芋牛すじ饅頭

饅頭シリーズの中でもかなり異彩を放った一品ができました。通常の饅頭シリーズは、饅頭の中に海老や穴子など、海鮮ものをいれております。しかし今回は里芋の饅頭の中に、トロトロの牛すじをいれてみました。なので、店主は饅頭を丸めながら嬉しそうに「なんだか肉まんつくってるみたい」などと申しておりました。さて、その工程は、基本的には今までの饅頭たちと同じです。ふかして、つぶし、更に裏ごしした里芋に、トロトロに煮...

器の話再び

青海波の器で何度もこのグビグビ日記に登場しました、野口均さんの作陶展が、今月、小田原で開催されます。民陶の柔らかく力強い雰囲気を持つ、野口さんの作品は使い手の気持ちにたった料理人好みの器です。毎年、3月の横浜、6月の鎌倉、そして9月の小田原での作陶展。いずれも熱烈なファンの方がしっかりと通っていらっしゃって、年々その数は増えている様子。器本来の魅力と野口さんご自身の人柄のせいもあるでしょう。しかも...

叩き秋刀魚の稲荷揚げ

市場でサンマが沢山売られるようになってきました。昨年は賄いでもサンマの塩焼きをよく食べました。これはなんといっても肝があるからこそ美味しい。肝をほぐした身と合わせて食べ、その複雑で濃厚な旨味を知ってしまうと、身だけ食べた時のなんと単純なことか・・・。しかし、毎年、一人二人いらっしゃるんですね。腹の肝を全く食べず、背側の身だけ食べて帰られる方というのが。残念なことに。それで、という訳ではないのですが...

Appendix

プロフィール

makotarto

Author:makotarto
小田急線玉川学園前駅南口
徒歩1分

定休日  日曜日
営業時間 18:00~23:00
(LO 22:00)
町田市玉川学園7-5-1
042-728-8758

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード