Entries

鯨波の会

青海波日本酒企画!鯨波の会のお知らせです。岐阜県中津川、標高600メートルの場所にある酒蔵、鯨波。蔵元杜氏とその家族だけで造っている小さな蔵元です。ここ蔵元の杜氏さんが6月18日土曜日、青海波に来店されます。杜氏さんと鯨波を楽しみ、酒の色んな話を聞いて、より日本酒に親しんでいただきたい。そんな企画です。青海波はオープン以来色々な企画をしてきました。例えば、ワインフェア、牡蠣祭り、ひやおろしの会など...

野口均作陶展のお知らせです。6月1日~30日。鎌倉市極楽寺のギャラリー極楽亭で、野口さんの作陶展が行われます。ご存知のように、野口さんの作品は青海波の料理に欠かせない器です。一年を通じて、作陶展の場所が決まっていますが、夏はこの極楽寺です。足を運んで器を選び、店に戻ると、さてこれに何を盛ろうかとわくわくします。料理は味だけでなく、目でも楽しむもの。器次第で、料理が変わってきます。力強く素朴な民陶の...

震災の酒、東北の酒と言って酒を仕入れ、飲んで頂く事に、最近いささか抵抗を覚えるようになってきた。あまのじゃくだからか?日本中、小さな酒蔵が、一生懸命に自分の酒を作っているから、小さな居酒屋青海波は、そんな蔵元を大切にしたい。震災とは別次元で。とはいえ、実際に震災の被害をうけ、マイナスからの復興目指して努力している蔵元さんに実際会うと、「よし、是非とも入れましょ」うと言う心持ちになってくるのも自然な...

嵐を呼ぶ男

ある夜。いつものように、そろそろ店じまいだという頃。どかどかと階段を上る音。またか。たまにいるんだよね。シャッター半分占めて、灯り消してるのに上がってくる酔っ払い。店主はよく吼える番犬の勢いで飛び出した。と、同時に大きな喜びと驚きの混じった二つの歓声が響いた。「いっちゃん!」...

青寄せ

ここのとこ、美花軍団の芍薬達に囲まれて仕込みしているだが、その芍薬達の芳香、圧倒的な存在感、目に飛び込んでくるアンビリバボーな色色色に心を奪われ、女将は半ば夢うつつのような心持になってしまっている。そんな折、一人せっせと青寄せを作る店主が「この新緑の色、青寄せのことをブログに載せてみては如何?」と言って来た。青寄せ。ご存知だろうか?青寄せとは、野菜の緑を抽出した天然の着色料とでもいえばよいか。青海...

芍薬園に行きたい方に

昨夜、飯島芍薬園さんがご来店くださいました。今年は、雨が少なく、今の感じでは、最盛期は日曜以後になりそうとのこと。私たち、日曜しか休みがないので、今度の8日の日曜に芍薬を買いに行きたいと申し出ると、その日は母の日なので、ものすごーく混むだろうから、できるならば、避けたほうが・・・。なるほど。確かに。なので、仕込みの具合を見て、なんとか早起きして、平日に行くことにしました。さて、飯島芍薬園さんは一体...

来たぁ

ついに来た!美花軍団!!そうです。芍薬です。激写!カシャカシャカシャーン。...

今日のオススメ

五月五日、祝日ですが、市場は開場していまして、早速、魚たちを仕入れてきました。銚子の鰹、とり貝、沼津の黒むつ、小田原の鯵、佐島の煽りいか、そして北海道のマツカワ鰈。活きジメのマツカワ鰈は昆布シメにいたします。これら鮮度抜群の刺し身らに、本当はえぼ鯛もいれたかったのですが、刺し身が多すぎると言う事で、佐島の極上えぼ鯛、煮付けにする事にいたしました。アアー。刺し身でえぼ鯛めちゃ押しできるのに、敢えて煮...

Appendix

プロフィール

makotarto

Author:makotarto
小田急線玉川学園前駅南口
徒歩1分

定休日  日曜日
営業時間 18:00~23:00
(LO 22:00)
町田市玉川学園7-5-1
042-728-8758

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード