Latest Entries

201804261246004a7.jpg
笹一の古い大瓶。
瓶のレトロ感、手作り感が渋くてステキです。
どのくらいでかいか?

201804261248573cf.jpg
こんな感じ↑
左から~~
会津中将純米生。
どぶろくは奈良の篠峯の純米。
至は新潟佐渡市の純米吟醸。
楽器正宗、福島白河自然郷のコスパよし本醸造。

青海波は酒と肴を楽しむ店

黒むつ

20180423140815d43.jpg
鮮度最高❗な、黒むつ。
引き締まっていてピッカピカ。

2018042314105454e.jpg
白魚↑春ですね~~~~
春を感じますね~~~~
このはかなげな姿。
今回は「刺身いいよ!」と市場で言われましたが、刺身盛り合わせが品数多いため、一品料理にすることにしました。
佐賀県産のホワイトアスパラガスと白魚の土佐酢でございます。
2つの白い世界に宮城県産のシャキシャキ新若布がアクセント。是非。

2018042314151306e.jpg
最近の不動の人気者「子持ちホタルイカと(山菜の)アマドコロ、うるいのぬた」の子持ちホタルイカです。
市場には魚屋色々ありますが、この子持ちホタルイカの魚屋のニイサンは獣医師の免許も持っているという変わり種でありまして、非常に詳しい。

同じホタルイカでも、「容器ジャマでしょ?とっちゃうね」と、ホタルイカが重ならない様に並んでいる専用の容器をとって、ざざっと袋に移し代えたりする人、結構いますが、ここは違う。
絶対に重ねない。
しかも、しっかりと氷詰めした専用の発泡スチロールを用意して完璧に鮮度を保つ。
脱帽です。

そして更に説明してくれます。
どうも、ホタルイカは富山湾の内湾と外湾にいるらしいのですが、オスは交尾が終わると死んでしまい、メスのみ生きて内湾に集まるのだそうです。
ですから、外湾には交尾後の死んだオスが浮いてたりするというのです。
びっくり!ホタルイカの生態でございます。
ホントかな~?と思った店主にすかさず捕捉。
「僕、現地に見に行きましたから」
全く持って脱帽です!

そんな健気なホタルイカ。
そして写真は子持ちですから、当然内湾のメス。
大切に扱う訳ですなあ~。
そんな過程がわかると、ますます好きになってしまいます。
子持ちホタルイカと山菜のぬた。
売り切れごめんのひと品ですね。

青海波は酒と肴を楽しむ店

芍薬

20180421143644a64.jpg
芍薬キター!
昨夜、ひさしぶりに飯島さんがご来店。
「今日はたくさん汗かきました」といい仕事した顔で芍薬を持って来てくれました。
もう?
そうなんですね。
今年は桜もはやかったけど、芍薬も早いようです。
もちろん芍薬はこれからまだまだ咲いてくるのですが、まずはトップバッターを揃えて来てくれたのでした。
感激!
今日は店内に花咲かせます。

2018042114424729e.jpg
京都のよもぎ麩。
もちもちしてとても良い香りがします。
今日からでます!
よもぎ麩と牛スジのポテトサラダ~~~
店主のポテトサラダはどこまで変化を続けるのか!
仕込みは牛スジを山椒の実で炊く事から始まります。長い旅路でございます。

20180421144655466.jpg
小肌〆中。

あたふた仕込みに追われ、かなりぐったり気味になったその時、芍薬が花開いてました。
わーーーーーー‼癒されるう。
疲れを忘れさせてくれました。
201804211449065e7.jpg
飯島さんありがとうございました❗


青海波は酒と肴を楽しむ店

真子鰈

201804171348300cf.jpg
宮城県産活きジメ真子鰈。
真子鰈が今すごく良くなってるよ!と、市場のにいさんの言葉。
確かに。

20180412152557d2e.jpg
今日からデビューの自家製さつま揚げは、鹿児島産空豆と沖縄産ベビーコーンのさつま揚げ。
ポクポクとした甘さをお楽しみください。

土曜日から上京してきた女将のファミリー7名は昨日月曜日に無事帰宅しました。
7名に私達が加わり総勢9名の東京横浜玉川学園見学ツアーの大移動でございました。

高齢の母の差し歯を、何故か私がバックに入れて持ち歩いてしまうなど、ちょっとしたハプニングもございました。
中でも一番のハプニングは、7名が宿泊した横浜のホテルの近くに、私達二人も泊まろうと、ワシントンホテルを予約したのは良いのですが、チェックインしに行ったらなんと、別の駅のワシントンホテルだったという全く間抜けなハプニングでございました。

夜11時頃。
店主は妹の夫と野毛に飲みに行ってしまった後。私1人・・・。
ホテルを間違えたため、電車に乗ろうと桜木町駅に向かってる時、「差し歯がない!」と連絡を受けたのでした。
母の差し歯を探すため、桜木町の駅改札前で夜中一人、バッグをごそごそやってるその脇を、泥酔したサラリーマンが倒れていまして、更にその脇を駅員さんがタンカーを抱えて別の泥酔客を運び出していました。
まさに日曜の酔っぱらいワールド。

と、その時、目の前を、うちの店主と妹の夫の二人が楽しそうに通過してるじゃありませんか!
丁度、野毛のみの帰りで、私が差し歯を探してた桜木町駅でバッタリ会ったという訳です。

差し歯は無事に見つかり、間違えたホテルにもたどり着き、なんとか事故もなく三日間の東京横浜ツアーは終了いたしました。
20180417135157eed.jpg
夜の横浜から東京を望む。
白いスカイツリーと赤い東京タワーが小さく見えます。
綺麗キラキラ

翌日。
九州に帰る7名を羽田空港まで見送り、帰りに生麦駅下車しました。
店主念願の「生麦事件発生場所行く」事が叶いました。
20180417135215cc3.jpg
薩英戦争のきっかけとなった幕末の事件。
身近な場所ながらまだ行った事がなかったのです。
20180417135231216.jpg
なにもない。ほとんど車も通らない旧東海道。
ここが、旧東海道だったのですね。
ここを通って京に上ったりしてたかと思うと感慨深いものがございました。
腹が減ったと、途中、店主が見つけた蕎麦屋「どん八」に入り、蕎麦をすすりました。
美味いし、安いし、店の人めっちゃいいやん!
生麦の歴史を熱く語ってくれました。
生麦村は海岸線が綺麗でハゼなんかが釣れたとか、砂浜は松林だったとか・・・。
いいとこだったのに、今はすっかり埋め立てられた。とか。
どん八のお二人さん!
昨日はありがとうございました‼
かけそばなんと300円。
美味しかったです。
店主「また行きたいなー」(仕込みしながらどん八を想う)


さて本日より通常営業です!
お待ちしております。

青海波は酒と肴を楽しむ店

八角

20180412152419d71.jpg

釧路産八角です。すごいヒレですねー。
こうやって泳いでいるのでしょうか。
迫力あります。

2018041215251834b.jpg
大分産サヨリ。
ダツみたいに漁船に飛び込んできたら間違いなく刺さります。

今日のオススメはこちら↓
市場のオニイサンの一押し。
このひじき食べたら他の食べられないよ。って!
まじか?
20180412152459094.jpg
佐島産のとれたてひじき。
磯の香りが口一杯に広がります。
これを店主の得意なマリネにします。
しかも、朝どれ生桜エビと共に。
海の味をほうばってください。

2018041215261580c.jpg
茹でたて新ピース。
和食の春は新ピース。
主役にも名脇役にもなってくれる可愛いやつ。
あちこちに登場!


20180412152534c72.jpg
仕込みが終わらない~~~~~

レバーで作ったレバメンチカツ。も初登場。
こくのある日本酒に是非合わせてみてください。
山独活と稚鮎の天ぷらも王道です。
大人気のアマドコロとうるいとホタルイカのぬたもございます。
あ!忘れてた‼私の大好きなナマコ。
本日は城ヶ島産。
キャッホー!個人的好みでお安く提供させて頂きます。ナマコ好きな方どーぞ。


青海波は酒と肴を楽しむ店


Appendix

プロフィール

makotarto

Author:makotarto
小田急線玉川学園前駅南口
徒歩1分

定休日  日曜日
営業時間 18:00~23:00
(LO 22:00)
町田市玉川学園7-5-1
042-728-8758

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード