Latest Entries

尾長鯛

尾長鯛↑
スマートな金目鯛という顔つきです。
ぴかぴか。
もちろん刺身です。
こっちはマグロ↓


勝沼行って山梨の地酒、葡萄酒にはまった話をいたしましたが、いったい全体、あれだけある葡萄酒のどれがそんなに気に入ったのか説明せねば、酒を愛する皆様にご納得頂けないだろう、そうに違いない❗と一人合点し、アップすることにしました。

ホンジョウオールドの白。
渋いです。
可愛くもない普通なラベルですな。
しかしっ!飲んでびっくり。飲み続けてまたまたびっくり。
いい酒です。
古酒と小さく書いてあるように何年間かはわかりませんが、熟成させたようでして、薫りは殆どなく、フルーティーさもなく、実に淡々とした無愛想な頑固者な酒。
辛口のシェリー酒のようなサビた味わい。
だから、もう、料理に合うんです。
魚介にもバッチリ‼
気に入ったー!店でも日本酒と並べて出したいー!
しかし、いちいちネットで買うってのはねえ。
なので、気になる方はご自分で。
一升瓶売り切れてたら私らが最後だったかも。
メンゴ

さて、本日も色々ございます。
本日はカウンター席なら少し空いてます。
お待ちしています。

青海波は酒と肴を楽しむ店

勝沼


山梨県の勝沼。
恵林寺でございます。
有名なコトバ「心頭滅却すれば火も自ずから涼し」が左側に書かれています。
武田信玄の菩提寺です。
言い訳ですが、私、武田信玄のファンではございません。
たまたま勝沼の西沢渓谷という大変美しい渓谷に店主と二人でトレッキングにでかけ、ついでに立ち寄った所でございます。
西沢渓谷はご存知の方も多いでしょうが、水が大変美しい渓谷でございます。
一周約10キロのトレッキングです。
これから紅葉のシーズンはまた素晴らしいかと思います。
興味のある方は是非どうぞ。
話しは戻る・・・
今たまたま新田次郎の武田信玄を読んでおりましてなかなか興味深くドはまりしているそのタイミングに、店主が西沢渓谷トレッキングに行きたいと言い出しまして、それは面白そうだと快諾し、ついでに恵林寺にも行って来たという次第でございます。
天気も良く、しかも人はあまりおらず、じっくりと恵林寺を堪能できました。
有名なウグイス廊下↑この奥。歩くとキュッキュと音が鳴ります。なかなか面白いのでわざと鳴らないようにそっと歩いてみたり・・・。

青海波でお馴染みの白隠正宗の白隠禅師が書いた屏風だそうです。
風林火山も白隠禅師の筆なのか?
風林火山と言えば、長野県の松本に風林火山という居酒屋がありまして、私ら松本に行くのは風林火山に行きたいからというのもあるほど長野県の地酒がゾロリと並んでいるのです。
長野県に行ったからには長野県の地酒堪能したい私らのような旅人には垂涎の居酒屋でございます。
しかし、今回は山梨県。
新田次郎の武田信玄によれば、信玄は長野県が欲しくて欲しくてたまらなかったそうな。
それは、山梨県は米がとれないから皆雑穀食べている。けど長野県は米がとれる。米を食べてる。
米がとれる長野県が羨ましくて欲しかった。だから武力で攻め、長野県を自分の物にした。と。
成る程。
長野県に行くと全然知らない小さな酒蔵がぎっしりあって、未体験の酒がわんさかある。
一方、隣の山梨は酒蔵はあんまりない。
それは米がとれないという地質的な歴史があるから・・・。
だから、隣なのに、山梨はもっぱらワイン。
わかりきったことが今更ながらフに落ちまして、ならば、山梨の地酒、葡萄の酒を呑もうじゃありませんか!と山梨の地酒を自宅用に赤白購入いたしました。
そして、感動。
特に白!
うまっ!!旨すぎ!
これ、またのみたいね‼と今度は一升瓶をネットで注文。
届くや否や、うまさに唸り、コストパフォーマンスの良さに痺れ、更に一升瓶追加で二本注文。
嗚呼❗飲んべえってナンだっていいのね。とため息つきながら笑顔で晩酌する最近なのでございました。
店にも出したい山梨の地酒葡萄の酒。
ビバ国産!
地酒万歳!
検討いたします。

青海波は酒と肴を楽しむ店

八角

北海道産八角↑

先週。
休み明けにブログを更新しようとしていたら、仕込みラッシュでなかなか出来ず、ようやく土曜日になって一時間もかけてブログを書き、アップ間際・・・消えてしまった(゜ロ゜;
もうダメ。
やる気しねえ。
ヤメダヤメダあ。ブログやらねえ。
やけっぱちな気持ちになっておりました。
そしたらその夜「来週はこないよ」と言っていたはずの一人呑みのお客様がひょっこりやって来まして、「ブログ更新しないから心配して来ちゃった」とおっしゃっる。
アレレレレ~~
ブログ更新しない心配させ作戦もありなのか?
チラッと思いましたが、それは特殊な事例。
やはり、真面目にブログを書くことにしました。

海老芋来ました。
毎年定番の海老芋料理です。
本場磐田市産です。
最高の品質の海老芋は真っ白できめ細かくねっとりとして繊維を感じさせません。
お楽しみを。
あん肝できました。
あん肝の美味い季節になってきたって事ですね。
最高の酒の肴ですね。
自家製ポン酢が旨さを際立たせます。是非!
今回のテリーヌは百合根が入ってます。
素敵な百合根と鶏肉、隠しのアクセントに軟骨もいれました。コリコリしっとり。おすすめです。

あまり長くいれてると変なとこ押して全文消えたショックが大きいため今日はこの辺で。
全く、スマホとかこういうのってほんと苦手す。
イヤイヤヨ~~~♪

青海波は酒と肴を楽しむ店

酒来たー!


酒が来ました。
今来ました。

あ、温かい。
ほんとだ。
スゲー。

楽しみですね。

青海波は酒と肴を楽しむ店


びわ湖の小鮎も子持ちになりました。
こんなに小さいのに子持ちとは!
「未成年なのに妊娠」みたいじゃん。と、昔はびわ湖の鮎の事がわかってなくて混乱していたワタシ。
びわ湖の鮎はこれで大人だったのねー。
念のため今年京都行った折り、錦市場で確認しました。
可愛いサイズなんです。
ああまた京都行きたくなった。

さて、今日は酒。
澤乃井の朝詰めの酒が入って来るのでーす。
立春の純吟とは全く違うんですって。
私達も未体験。
朝詰めして火入れしてそのまま温かいのが直に配達されるっていうからワクワクじゃあありませんか。温かいのが来るんですよ。季節がら味に深みがありコクのある料理にあうと酒屋のコトバ。
まだ届いてないので、味見できず、写真も出せない・・・。のがまたいとをかし。でしょう?
いつ来るのか、まるで自分が飲むかのように超楽しみです。
温かい酒とはいえ青梅から店に届く頃は冷えてるかもしれませんが、そのままの温度から燗をおすすめいたします。
本日はテーブルは埋まってます。
カウンターならまだ空きあります。

さてそんなコクのある料理にあう酒がくるならコクのあるヤツを。
本日デビュー。
岩手産鶏肉をむかごと合わせてみました。
新しいテリーヌです。
新作です!むかごが素敵なアクセント。
燗酒にもピッタリじゃないでしょうか。
人気の穴玉でます。
穴子をさばいてふんわりと煮て玉子焼きにドカッとのせた皆が大好き穴玉。
栗。
やはり王道渋皮煮。
酒の友にタマランチンのトッチキチンな栗の渋皮煮でございます。
家に持って帰りたいから売ってくれはナシね。
青海波で呑みながら楽しみましょうね。
まだまだあるけどこの辺で。
なにしろイチオシは朝詰めの酒!
これ呑まなきゃ絶対ダメダメね。

青海波は酒と肴を楽しむ店

Appendix

プロフィール

makotarto

Author:makotarto
小田急線玉川学園前駅南口
徒歩1分

定休日  日曜日
営業時間 18:00~23:00
(LO 22:00)
町田市玉川学園7-5-1
042-728-8758

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード